更年期に突入か?? 気分は最悪のおばちゃんです。 頼りにならない旦那と息子命のばあちゃん さて、どうなることやら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです
とってもおひさしぶりです。

みなさんおげんきでしょうか?

おじいちゃんが死んでから色々あって

ここにくる気になりませんでしたが

最近やっと落ち着いて、ちょっとかいてみようかな~ と

きてみました。
スポンサーサイト

救命救急
先日ビックリする事件に遭遇しました。


定食屋さんのバイトに最近は早朝に入っているのですが


(AM5:00~10:00)


いつもの様に順調に仕事を進めていると

ホールの若い女の子が

「真弓さん!お客さんが倒れているんですが!!??」



「え~~~~~~」


あわてて行ってみると若いサラリーマン風の男の人が


大の字で床に寝転がっています。


わぁ~~~~~どうしよう?????????



「とりあえず救急車!!!」


若い女の子に指示を出し


さ~~どうしたものか??


「大丈夫ですか??大丈夫ですか??」と


肩をたたき声をかけるが全く反応なし・・・


・・・・死んでるの??・・・・・


息してるのか?顔に近づくが息してるのかよくわからない・・



あ~どうすりゃいいんだよ~~~!!!


そうだ!まず衣服をゆるめるんだ!!


ベルトをはずし、ネクタイをはずし・・・


もう一度


「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」


・・・反応なし・・・おまけにこの人半眼だよ~~



こえ~~~


死んだ爺ちゃんの事が頭をよぎり、実家の父が脳梗塞で倒れた


時の事が思い出され・・・


心臓麻痺??脳出血???


気道確保しなきゃ・・・


確か何年も前にPTAの講習で習った時は


首を持ち上げ・・・・


うまくいかな~~~~い


次はえーーっと、マウスTOマウス?



この人と???



いや、それは最後に回そう・・・・



冷静になって考えたら首の横でドクドク音確認するとか


心臓の音聞くとかすればわかるのに


もうパ二くるパ二くる


ただ ただ 何とかしなきゃ 何とかしなきゃ


ってあせるばかり・・



そして次に考えたのが心臓マッサージ


これなら押しときゃいいんだから!    って安易な考え。


確か真ん中あたりって言ってたよな~


ドン!!



ごほっ ごほっ  



お~~~生き返ったーーーーーーーーーーーーーー


とその時は思ったんだけど、実は最初から生きてたんだよね。


ハハハ・・・


あ~良かった。生きてる生きてる。


もう一度「大丈夫ですか??大丈夫ですか?」と呼びかけるが


やはり反応なし


そうこうしているうちに救急車が到着。


救急隊員が呼びかけるが同じく反応なし。


「何時ごろ来られてますか?」って聞かれ


席を見ると出した料理が全く手付かずのままなので


来たばかりかと思い「さっきですかね~?」っていい加減な返事


でも食券を調べるとなんと4:30来店だとわかり

またまたびっくり。2時間前???その間どうしてたの???


そして、担架に乗せられてピーポーピーポーと


運ばれて行ったのであります。


その後どうなったのかすごーーーく気になっているのですが


わからないままです。


周りのお客さんは「急性アルコール中毒ちゃう?」


「酔って爆睡ちゃう?」「アレルギーかな?」と


色々言ってましたが


ほんとに何だったんだろう?????


その後警察は来なかったので、亡くなってはいないと思われます。


ホッ


それからだんだんと冷静になっていくと


自分の取った行動のムチャクチャさに

おかしくて、大笑いでした。


娘には「お母さん!そんなんかってに心臓マッサージなんか

したらアカンで!!!」って怒られるし・・そうなの??


「電話で救急隊員の人から指示があって


それから言うとおりにすればいいねん!!」


そうか!そうだね!・・・そのとおり・・・


看護学校に通う友人の娘さんからは


「おばちゃんすごい!!とっさにそこまで出来たら


すごいよ!!」と褒めていただきましたが・・・


「でも肋骨折れなくて良かったね」



って、イヤイヤそんなに思いっきり押してませんから・・


一応控えめに   ドン!と1回やっただけです。


ほんと、大変な経験でした。


皆さんもとっさの時ほど冷静に!


今回の教訓です。

おそるべし!じいちゃん
じいちゃんが死んで3七日・・・・・・

何事もなかったかのように普通の日々が

過ぎていきます。


ふとした瞬間に思い出しては少し涙ぐむ


そんな毎日を送っています。




しかし!!


ばあちゃんは仕事も辞めてずっと家にいるせいか


朝の5時ごろから起きて洗濯を始め・・・・


庭の要らないものをガタガタと動かし

ドタンバタンとやかましく


・・・・・じいちゃんがのり移ったか!!!!????



じいちゃんが生きている時はさんざん

「朝の早くからやかましい!横でガタゴトして


ゆっくり寝てられへん!!」とぼやいていたのは


どの口や~~~~!!


ひととおりガタゴトして、私が嫌々ながらも起きて

動き出すと、ばあちゃんは又寝だす。


いじめや~~~



じいちゃん頼むからばあちゃんに

のり移るのは止めて成仏してください。


おねがいします・・・・・

悲しいお知らせ
じいちゃんが死んだ


人間てなんてあっけなく死んでしまうんだろう・・・


じいちゃんは不死身かも?


なんて思っていたのに・・・・


あんなに悪運が強く


交通事故に何度あっても


脳梗塞で倒れても


必ず元気で帰ってきてたのに・・・


足の骨折で入院して


早く帰りたい、早く帰りたいって言って


やっと退院できたのに・・


家に帰って大好きなコーヒー飲んで


大好きなお風呂に入って


そのまま私の顔も孫の顔も見ずに


帰らぬ人となってしまって。


何も帰ってすぐにお風呂に入らなくても


良かったのに・・・


よっぽど長い事病院のシャワーばかりで


気持ち悪かったんだね。


でも、検視の先生が言ってた


「苦しんで亡くなった様子はありませんので、


突然死ですね」って


死に顔もまるで寝ているようで


コタツに入ってグーグーいびきかいてた


いつものおじいちゃんの顔。


ただ違うのは、いつまでも静かな事。


正直じいちゃんが帰ってきたらまた


ブツブツ言われるなぁってイヤだったけど


今となっては最後に


「おかえり、退院できてよかったね」って言ってあげたかった。


好きなおもちも食べさせてあげたかった。


病院にも全然行けなくてごめんね。


私が行った時


「暗くなるから、早く帰れ!車に気をつけて帰るんやぞ」って


心配してくれたね。


いつもブツブツ文句ばっかり言ってたけど、


心根はやさしかったじいちゃん。


こんな薄情な嫁でごめんね。


お世話になりました。


ありがとう。


最後にお願いです。


天国から子供達を守っててね。


じいちゃん、さよなら。

天国で思う存分畑仕事してください。


そのうちみんなが食べに行くでしょうから


それまでにはまともな野菜作っておいてね。

























少しは元気です
暖かくなってきたので、随分気分の落ち込みがなくなってきました。

もう薬も飲んでないし、病院にも行ってません。

なんでも、ものは考えようだ!!!と思えるようになりました。

多少皆さんに誤解をさせたようですが、息子が受験に失敗したのは

高校の時なんです・・・

なので、今は無事に大学に行っておりまして・・

それが学校に行ってるんだか、バイトに行ってるんだか

全然話もしないし、顔合わせる時間も少ないしで

すごく悲しい思いをしていたのです。

でも、息子はもう自立したんだ!

私からすっかり離れることができたんだ!

と思う事がやっとできるようになりました。


世の中には引き篭もりや家庭内暴力で悩んでいる方も

たくさんいるんだから、

ちゃんと自分で起きて自分でご飯作って

食べて行けるこの子はすばらしい!!


いつまでも母さん母さんと50前になっても言ってる

我が旦那の姿見て育ったにしては早く自立できて

ほんと良かった。




皆さんお気づきかもしれませんが今の全部

自分に言い聞かせてます。


まだまだ寂しい気分です。


バイトで優しかった子。

あの子に変わる良い子はまだ入ってきません。(悲)

6月からは夜勤辞めて早朝に変わります。

早朝は一人なので気楽に仕事できるかな~と少し期待

しています。いやなオヤジに会わなくて良いしね。

心療内科
お久しぶりです。
私はこの何年かずっとですが、この時期になるとウツです。

今年は特にひどくて朝起きれないし、起きても何もできない。

死にたい、とか思っちゃう。

で、これではいけないと心療内科に行きました。

すごい人ですよ。2時間待ちとかでも、皆「待ちます。」

先生はすごくやさしくて、話をじっくり聞いてくださいます。

最初に落ち込むきかっけは何だったと思いますか?って言われて

よくよく考えると息子が受験に失敗したことでしょうか~。

今何が心配ですか?と聞かれ、息子が夜遊び初めてこの先が心配です。

って・・・・なんかすごい息子溺愛母みたい???


1回目の診察の時はあんまりイロイロ話すの恥ずかしくて

言えなかったけど、2回目はじいちゃんがイヤなことや

生活が不安なこと・・バイトで頼っていた子が辞めた事など

次から次に話ました。

「いろんな事が不安なんですね・・・」って先生。


「はい、心配しなくてもいいことまでどんどん心配になってきます」


「とりあえず、精神安定剤をだしますからまた来週お話聞かせてください。」



はい先生話を聞いてください

聞いてもらえるというだけでも、気持ち軽くなるもんですね。



そうそう、さっきもちらっと書きましたが、私がお気に入りだった

バイト先の男の子2人も辞めちゃったんです。専門学校に通うとか、

就活が忙しいからとかで・・・


ほんと寂しい・・・

又やさしい男の子入ってこないかな~~~。

こんな時に
じいちゃんが入院しているというのに、わたくし明日若い男の子たちと

飲み会にいきます。(いいんだろうか???)


実はすっごく楽しみです。一人お気に入りの子がいます。

けっして襲ったりはしませんよ。



追伸
じいちゃんはリハビリ始まったので、たぶんもうすぐ退院できるでしょう。(いいんだか悪いんだか)

じいちゃん手をふる
あのへんこつ、がんこなじいちゃんが先日入院しました。

近くの銭湯で倒れて水を飲んだらしく

銭湯の方が救急車を呼んでくださり

命に別状はなかったものの

さすがに84歳なので肺炎をおこしているらしく

微熱がさがりません。
つづきを表示

あの時はまだ本当の大変ではなかった
みなさんお元気でしょうか?
私はみなさんに御心配おかけしていたようですが
元気に一生懸命働いております。

ところが、先日大変な事がおこりました。

あの爺ちゃんが入院したのです。

今日は残念ながら時間がないので、詳しくは書けないのですが

またユックリ書きに来ます。

色々書きたい事はあるのですが・・・・・

なにせ時間が・・・


あ~もうリミットです。


すみません。また読みにきてね。

忙しいです
皆さん、お元気ですか?

寒くなってきて少し元気のなくなってきた私です。

昼の仕事も夜のバイトも頑張ってます。

あれから、おばさんは辞め(労働の割りに時給が安い!と言って)

おじさんはすっかり、私のしもべ・・・とまではいきませんが

自分の立場をやっと理解したようで。

なんてったって、私の方が仕事できるから(フン!!)
つづきを表示
Copyright © おばちゃんも大変よ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。